ストロベリーフィールドの魅力

  • HOME
  • ストロベリーフィールドの魅力

その1
時間無制限・食べ放題

ストロベリーフィールドは、何と「時間無制限」の食べ放題です。いちご狩り農園の多くが、30分〜45分の制限時間を設けていますが、当園は時間無制限ですので、小さなお子様をお連れになってもゆっくりいちご狩りをお楽しみいただけます。

時間無制限・食べ放題写真

その1
より美味しいを追求した
石垣いちご

ストロベリーフィールドは、石垣いちご発祥の地。
石垣いちごは傾斜地と石垣を利用するため、平坦地のものに比べてより多くの太陽光を浴びるため、糖度が増すと言われ、ここ静岡県だけで生産されています。また、いちご狩りでは完熟した実だけを食しますので、お店に並ぶいちごよりずっと甘いのです。

石垣いちご写真

その1
皇室献上いちごの歴史
ヘレン・ケラーも来園

ストロベリーフィールドの歴史は古く、明治30年(1897年)頃から始まったと言われ、昭和初期(1930年頃)には、その美味しさから皇室への献上が行われました。そして昭和11年(1936年)には女流作家・与謝野晶子が、翌12年(1937年)にはヘレン・ケラーが来園しました。

ヘレン・ケラーも来園写真

その1
リピーターのお客様が
毎年多数ご来園

ストロベリーフィールドには、毎年たくさんのリピーターのお客様に来園いただきます。周辺には日本平や世界遺産の富士山、三保の松原、エスパルスドリームプラザなど、お子様連れでも大人のグループでも楽しめる場所がたくさんありますので、いちご狩りと一緒に一日中お楽しみいただけます。
おすすめコースはこちら→

リピーターのお客様写真

その1
いちご神社もありますよ~♪

いちご神社は、正式には「清苺神社」と言います。
この神社を建てたのは、この地で石垣いちご栽培を始めたとされる初代萩原清作の弟で、当家二代目の萩原大吉です。大吉は今から120年ほど前の明治末期の頃、仕事でアメリカへ行っていましたが、兄・清作の死去により日本に呼び戻され、石垣いちご栽培を引き継ぐことになりました。石垣でのいちご栽培を発見し栽培を始めた初代・清作ですが、この栽培方法を世に広め、現在のように盛んな状況になるように努力したのは、二代目の大吉でした。
兄思いだった大吉は、この地で石垣いちご栽培を始めた兄・清作を偲び、またこの地を訪れて石垣いちごに触れる人々の幸せを願って「清苺神社」と命名し、ストロベリーフィールドの一角に建立しました。

時間無制限・食べ放題写真

いろいろな楽しみ方をご提案

お子様連れのご家族には

まずストロベリーフィールドで家族みんなでいちご狩り
併設のカフェで絶品スイーツを食べましょう♪
「エスパルス・ドリームプラザ」で、お子様と一緒に楽しみましょう!
  • ストロベリーフィールドでいちご狩り
  • 併設カフェでスイーツ三昧
  • エスパルス・ドリームプラザのすし横丁でランチ
    併設の遊園地で遊ぼう!ちびまる子ちゃんランドもあるよ~
    ※ストロベリーフィールドからクルマで15分です
お子様連れのご家族写真

大人のグループやデートには

ストロベリーフィールドでは二人一緒にいちご狩り。
カフェでのんびりコーヒータイムを楽しんだ後は、絶景の日本平と家康ゆかりの久能山東照宮へ
大人のグループやデート写真

女子会や学生のグループでご利用

みんなでワイワイいちご狩りを楽しみましょう♪
いちご狩りの後はカフェでおしゃべりや絶品スイーツを楽しんで、
世界遺産の富士山が見える三保の松原に繰り出しましょう♪
女子会や学生のグループ写真

〒424-0915 静岡県静岡市清水区増259
TEL:050-3606-2871

おクルマでお越しの場合

【名古屋方面からお越しの方】
静岡インターより約20分。
【東京方面からお越しの方】
清水インターより約30分。

公共交通機関でお越しの場合

JR清水駅のバスターミナルから約25分。

MORE